カスタムlightBox仕様

Read More

jQuery lightBox0.5についてのメモ

jQueryのVersionは1.2.6。
jQuery lightBox pluginのVersionは0.5。


jQueryが最新版じゃない理由は、動かなくなるプラグインが出てきたりするから。
自分で各プラグインを直してもいいんだけど怖いのとメンドイのとでやりたくない。


さて、prototype.js版のLightbox2からjQuery版のlightBoxに移行してからずいぶん経った。
あれから自分の使いやすいようにカスタマイズしたのでメモ。


■カスタマイズ仕様
1.aタグにrel='lightbox'を追加することでlightBoxが有効となる
同一ページ内にrel='lightbox'が重複していてもグループ化せず個別の単体画像として扱う。

2.aタグにrel='lightbox[]'を記述することでlightBoxをグループ化する
あくまでrel='lightbox[]'と記述したもののみグループ化される。
rel='lightbox'とは区別される。

3.aタグにrel='lightbox[1]'やrel='lightbox[2]'と記述するとグループ化を分けることができる
rel='lightbox[1]'とrel='lightbox[2]'は別別のグループとして区別される。
またrel='lighbox[]'、rel='lightbox'とも区別される。
括弧内の添え字は1、2に限らず好きな数値が利用できる。



1はグループ化しないってのが重要。
勝手にグループ化されると返って迷惑なページがあったりする。


2は大量にグループ化させるのに楽。
配列なので直感的に分かりやすい


3の添え字が数値なのは個人的に好きなだけです。
これはコーディング量を減らす=時間+ミスの軽減と可読性向上の為。

例えば
lightbox[group2],lighbox[group3],lightbox[group3]
とするより

lightbox[2],lightbox[3],lightbox[3]
とした方がずっとわかりやすい。

あ、lightbox[group2]とかでも動くよもちろん。