モバイルのimgタグへの回り込み

Read More

HTMLです


モバイルでは基本的にimageタグの回り込みはやらない。しない。
画像は全て中央に配置させるのが良い。


でもやらなきゃいかん場合が出てくるので一応メモ。
(´;ω;`)ブワッ

<div>
  <img src="hoge" align="left" style="float:left;" />
  回り込みしたい文字列
  <br clear="both" /><div style="clear:both;"></div>
</div>


解説:
古い携帯ではスタイル属性が使えない場合があるとのこと。
なので2重定義しておくと安心だと。

brタグとdivタグも同様の理由で2重定義している。


結論:
デザインを入れていきたいのなら、
古い携帯は動作保障の対象から外すべきであるし、

そうでないならデザインを入れるな、と。


そして、動作保障の範囲についてだけど、
動作保障対象のものが増えれば増えるほど開発コストはかかる。

チェックする時間もかかるし、
リリース後にバグ修正対応なんてのはもういっぱいくる。
しかもマルチ対応させる為にはコードもより丁寧に書かなくてはならなくなる。


なので予め契約の段階で、
明確に、この機種とこの機種とこの機種!
と、動作を保障(チェック)する機種とキャリアを相手に伝えておくことが大事。
それらで動くことだけを保障対象とし、あとは基本的に知らない、と。
※ここでいう動くってのはデザインが崩れることなく表示されていることを指してる


あと、”2年以内のものを保障対象に~”なんてよくいうけど、
2年以内でも機種のバグでうまくいかない事があったりする。


もうこれはメーカーの問題なので個別に対応するのはやりたくない。
つーかクライアントから報告がある毎にいちいち対応してられっかよ。


Category "HTML・JS・CSS" の最新記事