レンタルサーバ(移転先)に求める機能_その2

Read More

つーかね、色々調べてて思ったのが
比較サイトやらの情報は更新されてなくて古かったり嘘が交じってたりする。
やっぱ最終的には自分の目で情報を確認していく必要があるね。


でも機能一覧とかサイトによって書き方が全然違うし調べるのすごい大変。

そもそも公表している情報が(省略しすぎで)全然足りないとこもあった。


まーサーバの売りに繋がるものはきっちり全部書くはずだから、

書いてない=対応して無い
又は、
書いてない=一番最低なものを提供

と判断するけど。




さてだいぶ絞れてきた移転先サーバだけど、
それぞれ一長一短があるので簡単にまとめることにする。



・KAGOYA
http://www.kagoya.jp/
KAGOYAは色々と細かい所で料金を発生させようとする。
だけど抜け道が意外とある。それなりの知識と手間が必要になるけど。
例えばDB追加やドメイン追加はそれぞれ別途料金が必要だったりするけども、SQLiteを使ったりだとか、mod_rewriteを使ったりだとかで対応することができる。
安定性も安心感も比較的高い。料金は機能に比べ安め。
840円~


・80code.com
http://www.80code.com/
80code.comは会社の情報が不明瞭すぎる。
加えて海外サーバを使っているため、障害や問題が発生した時に困ることになりそうな気がする。
一通りの機能はそろっている。
あと国内で制限されていることが制限されていなかったりするので面白い。
逆に転送量とか制限がある部分もあるけど。
料金は機能に比べてすごい安い。
480円~


・X Server(エックス2)
http://www.xserver.ne.jp/
エックスサーバは公表されている機能はすごく良いのだけど、口コミでの評価がそろって悪い。
CGIなど少し負荷をかけると500エラーが続発するとも書かれてた。
ただしエックス2サーバの方はサービスが新しいせいか比較的良い評価が多かった。
新しいのでただ単にサーバ利用率が少ないからだけかも知れないが。
まー自分はここを選ぶくらいなら間違いなくKAGOYA選ぶ。
料金は普通かやや安め。
1050円~


・ロケットネット
http://rocketnet.jp/
最後にロケットネットサーバ。
正直これが一番気になっている。
必要機能も十二分にあるしバックボーンもある。
料金も安い。
525円~




さてさてどこにしよ。




やりたいこと/試したいことは色々あるので共用サーバとはいえ多機能な方が絶対いい。


特に仕事で真新しい機能をいきなりぶっつけで実装するのは怖いしできるだけ避けたい。
まずはこういう所で実績を付けてしっかりと理解した上で技術は使いたい。
その為のブログシステムでもある。


もちろん財布に優しい方が良いのは言うまでもない。
これは私事なので(´・ω・`)


その辺りとの兼ね合いも考えてどちらも両立したギリギリのラインまで攻めたい。考えたい。


あと今回は私事なので共用サーバばかりを取り上げているけど、専用サーバだとまたずいぶん話は変わると思う。
#専用サーバは対象外にしてたので調べてない

個人的には、共用サーバとは別にきちんと専用サーバを設けているところは将来的にみて(仕事まで視野に入れれるので)良いと思う。
使い慣れたレンタルサーバをそのままプロフェッショナルな仕事のときに利用するのは悪くない。





あー、あとコントロールパネルが使いやすい(分かりやすい)のも結構大事な点だったりする。
まあこれも結局使ってみなきゃわからんのだけど。



参考サイト
・レンタルサーバー比較.website
http://www.rental-server.ws/

・レンタルサーバー情報比較
http://www.web-hiro.info/