他社で取得したドメインで手を焼いた

Read More

今日はドメインの問題を解決するのに半日かかった。
半分グチみたいなもの。


ことの起こりは元々のサイト作成者がKDDIホスティングサービスを使ってて、その一環としてそこでドメインを取得していたことにある。
# ドメインはco.jp

やりたかったことは、
このドメインはそのままKDDIで利用しつつ別のwebサーバを利用するということ。
まあ別のwebサーバってのはKAGOYAなんだけど。


このKDDIホスティングサービスってのはwebサーバとかメールサーバの機能と容量を提供してくれるもので、ドメイン取得管理ってのはオマケらしい。

ドメインのDNS設定を外部に向けることはできるらしいのだが、
webサーバもメールサーバも利用しない場合(契約内容はそのままでも)DNSの設定はやってくれないというのだ。
# コンパネからは変更できない

別に契約内容を変更するわけじゃないんだよ?
KDDIのwebサーバを使いたくないから使わないってだけ。
料金とかそのままですえ。


webサーバ使うかどうかなんか利用者の勝手だろうが。


別のwebサーバ使うことになった理由はこれとは全然別のところにあるんだけど、こんなとこ変えて正解ですよ。
KDDIのサービスなんて二度と使うか。


--
まあ結果からいうとちゃんと設定できました。


KDDIのドメインが利用しているDNSは変更できないってことだったのでそのままKDDIのものを利用中。
プライマリがns1.kddihs.jpで
セカンダリがns2.kddihs.jpだったか。


で、どうやったかってーと、
Aレコードに別のwebサーバを指定しました。


つまり、名前解決にはKDDIのDNSを使うんだけど、そのDNSが持っているレコードの値を変えたということ。


まあ参考になるかどうかはわからんが画像貼っとく。

ぼかしが入れてあるところには全て同一の英単語が入る。


Aはさっきもいったけどwebサーバ。
MXはメールサーバ。
CNAMEはエイリアスみたいなもん。


KAGOYAではAとMXのレコードの設定の仕方がちゃーんと載ってた。
http://support.kagoya.jp/manual/dns/index.html#others

抜粋
抜粋


--
あとドメインとは別の話だけど、KAGOYAのコンパネで何度もエラーが出続けててその原因が特定できず困ったことがある。

まあ結果から言うと別のKAGOYAサーバにした設定の影響を受けてて出てたエラーだった。
# 前任者の設定だった


エラーが出たときの時間は夜で、本当に困り果てて仕方なくサポートセンターにTELしたら、びっくりするくらい親切に対応してくれて原因を直ぐに調べて教えてくれた。

この時サポートがなかったら契約しているサーバ一つずつ調べていかんといけんとこだった。
まじ感謝。


KAGOYAは電話サポートの時間は平日22時までやっているし、他とは比べ物にならんサポートだね。電話サポートなんて、あるところの方がめずらしいくらいだ。
# うん、宣伝費なんか出てないよ


比べてKDDIのサポートはダメだね。
女性の担当者だったんだけど会話が通じないし。

別に小難しくしゃべってるつもりはないのだけど、DNS設定を変更してやりたいことを理解してもらうのにすごい時間がかかった。

一からしゃべってなおわかってなかったもの。


まあ仕事で使うサーバならKAGOYAがいいね。
自分の中でポイントがまた上がった。