Eclipseが重い

Read More

最近Eclipseがすごい重い。

管理しているプロジェクトが多いのがきっと問題なのだろう。


EclipseのVerは3.5を使っているので最新のものに変えたらこういう問題も解決されるのかもしれないけど、プラグインの問題とかがあるので変えたくない。


ってことでVer3.5のまま軽くする方法を調べてみた。
色々あったけど手っ取り早そうなのが以下の2つ。

■対処方法
1.cleanオプションをつけて起動する。

2.メモリ割り当てを増やす。



ってことで早速やってみた。


結論から言うと、まあ以前よりは軽快に動作するようになった。
まだまだ満足のいく軽さでは無いけどね…。




さてまずは1について。

まあ特に説明することもないんだけど、
コマンドプロンプトからcleanオプションを付けて起動させるだけ。

自分の環境だと以下のようになる。
>C:\Program Files\eclipse3.5.1>eclipse.exe -clean



続けて2をやった。
C:\Program Files\eclipse3.5.1の中の
eclipse.iniを開いて、
-Xmx256m
を
-Xmx400m

にした。

この後念のためもう一度cleanオプションを付けて起動させた。



するとだいぶ軽快に動くようになった。





ちなみに最初は-Xmx512mにして起動させたのだけど、
起動時にエラーが出た。

少し調べてみるとどうやらメモリ関係のトラブルのようで同じような記事にぶつかった。
なので-Xmx400mとしている。




あと、確保したメモリ領域を目視することができるようにした。
これはEclipseのメインメニューから、
ウィンドウ(W)->設定(P)->一般
を選択して、
ヒープステータスを表示(W)にチェックを入れればよい。


するとEclipseのウィンドウ右下にヒープが表示されるようになる。




右のゴミ箱アイコンをクリックするとガーベジコレクションが実行される。
こうすることで任意のタイミングで不要になったメモリを解放できるようになる。