Eclipseの『内容から判別する』を『コンテナーから継承する』に変更する

Read More

Eclipseではファイルやフォルダのプロパティで文字エンコードを指定することができる。

自分はいつも『コンテナーから継承する』にチェックを入れている。

こうすると、
親フォルダで指定した文字エンコードを子ファイルが継承することができるので、一つ一つのファイルに文字エンコードを指定してやらなくてもよくなるから。


ところがこの『コンテナーから継承する』が表示されず、
その代わりに『内容から判別する』という選択肢が表示されるという現象に出くわした。
# 自分の環境ではないが

『内容から判別する』はその判別自体が正しく期待した通りに動かないことがあるのでこんなものは使いたくない。

ということで、あれこれ調べたり試行錯誤した。

その結果うまくいったのでメモを残しておく。



これを直すにはEclipseの以下の設定を触れば良い。

ウィンドウ(W)->設定(P)->一般->コンテンツ・タイプを選択し、
テキストのデフォルト・エンコード(E)を空にしてOKを押す。


そうすると『内容から判別する』というものが『コンテナーから継承する』に変更され、
選択できるようになる。




ああ、良かった良かった。



-- 2012/05/02 修正 --
文中の"文字コード"の表記を"文字エンコード"に変更。