FireMobileSimulatorでEUC-JPのページが文字化けした

Read More

他社が作ったサイトに機能を追加するような仕事が入ってきた。


そのサイトというのがEUC-JPとSJISとUTF-8が混在するようなプログラムになってて、
継ぎ足し継ぎ足しで作られてきたと思われるような作り。


今回もウチがそのサイトに機能を追加するわけだから、そういう具合にあちこちに頼んできた結果そういう中身になってしまったのだろう。


まあクライアントは中身なんかわからんしのー



…と、言いたいことは山ほどあるが今回はFireMobileSimulatorでの文字化けについての話。
少し絞って書こう。


まず、今回の依頼内容というのが「スマホに最適化したサイトにしたい」というもの。

上記に書いた通り色々な文字エンコードが混在しているプログラムなので下手なことをするとあちこちに弊害が出る。

例えばライブラリを一つ追加しようものなら、それが呼び出されるファイル全てに気を使わなくてはならないという具合。


あれこれ考えた結果、一番影響が少なそうだったEUC-JPでプログラムを組むことにした。


うーん、EUC-JPでサイトを組むのって何年ぶりかしら…
しかもスマホサイトなのにね…



んで、まずはモックを作ろうと言う事でぺちぺちコードを書いてブラウザで確認したら、


ん?いきなり文字化け?

ちなみにここに書いてた文字は「風来坊」。

完全に変な文字になっている。



最初はjQueryMobileの問題を疑った。が違った。



結論から書くと、FireMobileSimulatorの設定の問題。



FireMobileSimulatorの設定で以下のチェックが入っていた所が問題だった。




この、絵文字をimgタグに変換する、というチェックを外してみると…



なおったー





EUCで「風来坊」という文字は、その文字の一部がソフトバンクの絵文字の文字コードと被るのだろう。

まあEUCで書くこともそうそうないだろうしあんまり意味のない記事になってしまったか。



-- 2012/05/02 修正 --
"文字コード"という一部の表記を"文字エンコード"に変更。