IP Messengerで複数のIPアドレスの中から利用したいIPアドレスを指定する

Read More


ヘッドセットを利用するためにBluetoothのトランスミッターのソフトをインストールしたら、それにIPアドレスが割り振られてた。
つまり"ネットワーク接続"で確認すると"ローカルエリア接続"が2つある状態。

この状態でIP Messengerをインストールして利用しようとしたら困った現象に出くわした。

自分以外の他の人(PC)が見えなくなってしまう時があるのだ。


調べていくと、他PCを認識しないのは自分のIPアドレスが複数になったことで、IP MessengerがどのIPアドレスを使って良いか判断できていないことによる症状だったことがわかった。

なるほど、それで他の人が見えたり見えなくなったりしていたのか…



原因がわかれば対策を見つけるのも容易だった。

IP Messengerを起動するときに起動オプションでNIC(※)の指定をしてやれば解決することが判明した。
※補足
NICとはNetwork Interface Cardの略で本来は物理的な、"LANをさすためのコネクタを装備したボードのこと”を指す。ネットワークアダプタとも。IPアドレスは本来NIC単位で割り振られる。
今回は物理的にボードを増やしたわけではなく、あくまでUSBに指したトランスミッター(電波送信装置)にIPアドレスが割り振られているわけだが、複数のIPアドレスの中からどのIPアドレスを使うか、という意味で"NICの指定"となっている。


以下、解決方法。

仮に自分のIPアドレスが192.168.1.10とした場合、
スタートアッププログラムのIP Messengerのショートカットのプロパティからリンク先を以下のように変更する。

■変更前のショートカットのリンク先
"C:\Program Files\IPMsg\ipmsg.exe"


■変更後のショートカットのリンク先
"C:\Program Files\IPMsg\ipmsg.exe" /NIC 192.168.1.10



自分の場合はスタートアップだけでなくデスクトップにもショートカットを置いていたのでそちらも同様の修正をした。


そしてアプリケーションの再起動を行うとちゃんと他の人を認識するようになった。



--
以前の環境ではこんな問題は出たことなかったからおそらくインストールする順番による違いなのだろう。


というか以前にもNIC指定を調べたことがあった気がするなあ…

初めての作業の気がしないぞ