FFFTPからFileZillaに乗り換えた

Read More

FFFTPからFileZillaに乗り換えた


今までいろんなFTPクライアントソフトを使ってきたがそれでもFFFTPから離れなかったのには理由がある。

大きな理由の一つとしてあげられるのがインターフェースの使いやすさ。
まあこれについては省略しよう。


しかし同時にFFFTPのダメなところもあった。

SFTP、あるいはFTPSでの接続ができないことであったり、
ファイル数の多い一覧表示にえらい時間がかかったり、
結構な頻度でアプリケーションが落ちたり…

なによりFFFTPは2010/10/24のVersion1.97bを持って開発が終わってしまっていた。


その後、有志のFFFTPプロジェクトが変わりにスタートしているのを知ってワクワクしながら1.98dを使ってみた。が、


…新しいバグが発生していた…


こりゃーダメだー



ってことで知り合いに相談したらFileZillaはどうだと。


FileZilla(ファイルジーラ)
http://filezilla-project.org/


以前一度使ったことがあったのだがその頃は機能的に不十分で使うのを止めてしまっていた。


のだが、
今回改めて最新の3.5.3を使ってみたら…



うおー






つ、使えるようになってる…

インターフェースも良い感じに(できるように)なっている。


簡単に機能的なことを書くと、
・複数スレッドによる同時転送機能
・サーバ側の文字エンコード設定も可
・ローカルとサーバでのファイルの比較機能も付き
# しかもタイムスタンプ比較とサイズ比較を選択できる
# 単独開発にも複数開発にも使えるねー
・フォルダ同時移動



設定もいろいろできるようになってて個人的には助かるんだけど、
あえてわからん人向けに注意点を書くとすると、


転送->ファイルの種類の標準の転送モードはバイナリーにしておくこと。
拡張子なしのファイルをアスキーファイルとして扱わない。
ドットファイルをアスキーファイルとして扱わない。



転送したファイルのタイムスタンプは維持すること



強制的に隠しファイルの表示をすること




このくらいか。



タイムアウト設定も0の無制限にしてたほうが開発的には良いね。
サーバ的にはよくないけど…




あ、自動アップデートの確認はOFF設定にしとこうかね。








こんにちはFileZilla。
今までありがとうFFFTP。





-- 2012/05/02 修正 --
"文字コード" という表記から"文字エンコード"に変更。