秀丸エディタでタブが上下に動くのを止める設定

Read More

秀丸エディタで多段タブをたくさん開いてタブ切替を行うとアクティブなタブが一番下の段に動くという困った挙動をする。


こんな挙動↓

ファイルをたくさん開いて任意のタブを選択する。


選択したタブが一番下の段に動く。




このタブの挙動だけはどうにもモヤっとしてしまう。

Firefoxの多段タブの動きに慣れているからだろう。
というかFirefoxの多段タブとまったく同じ動きをしてくれないと混乱する。



--
設定でこのタブの挙動を止めることができたのでメモ。


■秀丸の多段タブが上下に動くのを止める設定

1.メニューから「その他(O)」を選択。



2.「動作環境(E)」を選択。



3.ウィンドウのタブモード(B)の「詳細(E)」ボタンをクリック。



4.デザインタブの「ボタン型(B)」のチェックを入れてOKをクリック。



以上。




これでタブの挙動としてはFirefoxのそれと同じになる。




ボタン型ってちょっと見た目がタブ型より美しくないけどまあそこは許そう。
ちょろちょろタブの位置が変わる方がよっぽど嫌だ。


ちなみに秀丸ファイラーClassicでも先ほどやったものと同じ設定が可能だった。





--
しっかし通常のタブ型とボタン型とで挙動が違うとは…
このタブの挙動って昔からだったっけ?


ひょっとして古いVerの秀丸エディタだとならない?
うーんどうだったかなー。

いうほど気にならなかったような…

もしかしてたまたまボタン型に変更してたんかなー

設定内容を保存/復元を使ってたしその設定のままずっと使ってたのかもしれないな。


秀丸ファイラーClassicの方でこのタブの挙動がすごく気になっててそれを直すついでにこっちもって感じで調べたんだけど。

同じ秀丸印だから設定画面も動きも似たようなもんなんでその辺りは非常に楽だ。





まあこれで心置きなくタブいっぱい使えるぞー