Git 削除してしまったブランチを元に戻す

Read More

ようやくGitを使い慣れてきたなーと思ってきた矢先、誤ってローカルブランチの一つを削除してしまった。





まあやってた作業自体はそこまで大きいものではなかったんだけど、修正した箇所があちこちに分かれていたので正直凹んだ。


さらにリモートにプッシュするようなことをしていなかったのでその辺りから復活させるようなこともできず…



しかし、以下の方法で無事削除したブランチ復活することができた。




■Git 削除してしまったブランチを元に戻す


1.GitBashを起動する
# gitコマンドを打つ前にgitのパスが通っている階層へ移動する



2.HEADのログを表示する
git reflog HEAD


上記のgitコマンドを打つと、過去のHEADの変更履歴が表示される。
削除したブランチの最後のコミットがあるかをログから確認する。

戻したいコミットログが確認できたらそのHEADの番号を覚えておく。



3.ブランチを復元する
git branch 適当なブランチ名 HEAD@{ログ番号}

ex) git branch work_bbs HEAD@{127}

これで削除してしまったブランチが復元できる。







--
いやーよかった。


削除系の作業をするときは特に慎重にやらないとダメってことを改めて思い知りました。







-- 2014/06/13 記事の一部に誤りがあったので修正
-- 2014/09/01 ブランチ復元の例を追加