自分のブラウザ・IPアドレス・PC環境などの情報をカンタンにまとめて相手にメール送信できる「yourbrowser.is」

Read More

ちょっと面白い記事をGigazineで見つけた。


■Gigazine: 自分のブラウザ・IPアドレス・PC環境などの情報をカンタンにまとめて相手にメール送信できる「yourbrowser.is」
http://gigazine.net/news/20150402-yourbrowser-is/


以下のURLにブラウザからアクセスすると、使っているブラウザやOSの種類、画面サイズ、プラグインなどの状況を取得して表示する、というもの。
・yourbrowser.is
http://yourbrowser.is/



これ、特別すごいことは何もないんだが、
同じものをいつかちゃんと自前で作ろうと思ったのでURLを残しておく。



--
自前で…というのにはちゃんとわけがある。


というのも最近クライアントから以下のような問い合わせが発生しているからだ。
「設定したはずの印刷ができない」
「ライセンス情報がうまく設定できない」
「ページがうまく表示されない」
「処理が重い、重くなった」


自分はカスタマーサポートではないのでクライアントからの直接的な問い合わせを受けることはないものの、
カスタマーサポートから開発へ問い合わせは当然のようにある。


まあこの問い合わせ自体は別にいいんだけど、
サポートさんからの言ってることがいまいち要領を得ないというか、
きちんとクライアントの状況がわからなかったりするので、
何が原因なのかを特定するのが難しい。

あちこちを疑ったり調査したりで時間はかかるし、
返答したもの自体が的を得てない可能性がある。

そうするとまた問い合わせがくる。ループ。


当然のことだが、調査している間は自分の本来の作業の手が完全に止まる。


こういった状況を少しでも回避するため、
サポートさんには
「システムで何か問題が発生したような場合はその発生状況を詳しく聞いておくように」
と言い含めてある。

しかし人が変わったりするので現状これがうまいしこ徹底されていない。


そこで、
上記のような専用ツールがあると、すごく便利なんじゃないかと。


クライアントに対して、
「指定したURLにアクセスしてください」
と促すだけでクライアントのPC環境がぶっこ抜く。

クライアントに対してどこまで情報を表示させてやる必要があるかどうかなど、様々な運用方法を検討しておく必要があるが、
現段階の構想では
「URLのパラメータを必要なものだけ指定することで表示させる項目を制御する」というのを考え付く。

例えば具体的に言うなら、
OSとブラウザの情報のみ画面表示させる、という場合は、以下のようなURLとなる。
ex) http://example.com/?os=1&browser=1

この場合の表示結果は以下の2つの情報だけとなる。
# yourbrowser.isのページの一部を切り出したイメージ


この結果をyourbrowser.isに倣って、指定したメールアドレスに対してメールを送るようにしてもいいし、
送信ボタンのみ設置してもいいし、ページアクセスと同時に送ってもよい。

サポートが常に開いているページに「アクセスログ」としてこれらの情報を表示させてやってもいい。

パラメータでぱっと考え付くのは(一部上記の繰り返しにもなるが)、
・OS情報のフラグ、os=1
・ブラウザ情報のフラグ、browser=1
・iconの表示のフラグ、icon=1
・メール送信先入力のフラグ、mail=1
・サイトを使い回しされないように時間制限、limit=201504202359
なんてので十分じゃないだろうか。




--
あーあと、
「サポートにyourbrowser.isを教えればいーじゃん」
というのはナシ。イヤです。

まだまだ余計な情報が多すぎるので。


要するに無駄なものは省きたいから自前で作りたい、というわけ。




--
あと念のため書いておくが、
システムにはアクセスログとしてIPやらブラウザ情報などは逐一取っている。
ただ、過去ログから該当情報を探してくる、というのはそれなりに手間がかかるわけで。
# ログインしてたりしてなかったりとあるし


この記事の趣旨はあくまで、
「すばやくクライアントのPC環境がわかるようにする」
に特化したものということで。