ダメなDBカラム名の付け方

Read More

やっちゃあいけないDBのカラム名の付け方。



こんなDBカラム名の付け方をすると、
プログラム側で触るとき苦労するよーって実体験のメモ。



・長いカラム名はNG
省略は省略で、すると意味がわからなくなることがあるので落としどころの判断が難しい。
省略する際はaiueoの母音を除去した3文字がよいとされる(例外あり)。
ex)
  × environment_surround_distance
  ○ env_srr_route



・番号をカラム名に振る時は必ずカラム名の最後に付ける
カラム名の間に付けちゃうとfor文で回す時に手間だったりするし、
文字と文字の間に番号をふっちゃうと、キーワード検索に引っかかってこなくなるので該当部分の箇所にジャンプできなかったりする。
ex)
  × environment_surround5_time
  ○ environment_surround_time_5



・番号をカラム名に振る時は1番目のカラムにも番号を振る
番号をカラム名に振るあわせて注意したいのが、
元々が一つのみのカラムだったが、後々の変更で番号を振ることになったカラム名のパターン。
なるべくfor文で回しやすい形にしておくことが大事。シンプルシンプル。
ex)
  × environment_surround_to、environment_surround_to2、environment_surround_to3
  ○ environment_surround_to_1、environment_surround_to_2、environment_surround_to_3




ここまでのものをまとめるとカラム名はこんな感じのが良いってことになる。
env_srr_root_1
env_srr_root_2
env_srr_root_3

env_srr_route_1
env_srr_route_2
env_srr_route_3

この方が色々と都合がいい。





--
ちなみに上記にあげたものはとりあえずリアルタイムで「ウッ」っとなったカラム名。


でも結局大事なのは後から見た人触る人のことを設計の段階でどれだけ考えられるかってことだと思う。
もちろんこれはカラム名に限らずだけど。


「時間が無かった」は自分もよく使う言い訳だけど、その時間をむりくり確保するのもスキルの一つと言えなくもない(?)



まあでも思うに人のことを考えられない輩が多い業種なので、
カラム名の付け方一つに始まり、可読性の低いプログラムが世の中に大量に存在するのだろうと思う今日この頃。
でも、それでもなんとかなっちゃうからまた問題視されにくいわけなんだが。




チーム開発ってのは先頭で旗を振る奴のセンスがすごい重要。







--2015/04/27 修正: 単語間違いを修正