XHTMLのDOCTYPE宣言

Read More

XHTMLです。


DOCTYPE宣言について少しメモ。


まず、XHTMLでは要素名や属性名の大文字小文字が区別されます。
つまり大文字の <HTML> と小文字の <html> とは別物として解釈されます。

すべての要素名(タグ)が小文字のXHTMLならば
小文字の html でDOCTYPE宣言しなければなりません。


■小文字htmlタグを利用している場合の宣言
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">

こんな感じ


--
一昔前はタグは大文字を使うみたいな風習がありました。
これはWEBサイトのデザインソフトで生成したものが大文字だった事もあるかと思います。


そして今は小文字が流行っています。
「え~タグが大文字ぃ?ダサくね?」みたいな?

まーどっちで書いても平気なんですけどね。
混在しなければ。


ちなみに大文字タグを使っている場合の宣言は以下のようになります。
■大文字htmlタグを利用している場合の宣言
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">


まー二つを比較すればどこが変更されているかわかりますね。


--
参考サイト)
Another HTML-lint gateway

Category "HTML・JS・CSS" の最新記事